営業日
シュクルラグラン
れペット
ドロスト
フロッキー
お買い得セット
ユニ
DDbody
【Defi】デフィ
紹介映像
磁気
DDおすすめコーディネート
アウトラストスカート
磁気&ゲルマシリーズ repettoレペット
ヨガ用品
アウトレット


検索ボタン
Seach
 ※別ウインドウが開きます
Sサイズはこちら
差込みタイプバストカップ
What's New

バレエレオタード、バレエ用品のおすすめ商品
インスタグラム
ツイッター




Seach
2017年 02月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28     
今日
店舗営業時間
平日:11:00〜19:00
土日祝:11:00〜19:00

2017年 03月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
店舗営業時間
平日:11:00〜19:00
土日祝:11:00〜19:00

バレエレオタードのドゥッシ

ュ・ドゥッスゥのモバイルサイトQRコード

当店ではレオタード、バレエ、ユニタード、大人レオタード、子供レオタード、バレエシューズ、トゥシューズ、貸衣装 などの女性向けの商品を扱っております。
これからバレエを始める方、レオタード選びでお悩みの方、レオタードをお探しの方は是非当店で!季節に合わせたレオタード 、バレエ用品を取り揃えております。
●毎週更新!《先週の
売り上げランキング》

2017.2.25
オーレリ・デュポン、パリ・オペラ座バレエ団芸術監督就任後初ツアーに意気込み


オーレリ・デュポンの共同会見が2月21日に東京・Bunkamura オーチャードホールにて行われた。
3月2日に開幕する、自身が率いるパリ・オペラ座バレエ団「ラ・シルフィード」「グラン・ガラ」
の公演を控え、来日中のオーレリ・デュポン。
今回の日本公演は、彼女が1年前に芸術監督に就任してから、初のツアーとなる。
会見に現れたオーレリ・デュポンは、穏やかな表情でその意気込みを語った。

「今回のツアーのプログラムに関しては前任者のバンジャマン・ミルピエが選択したものです。
ラコット版のクラシックなロマンチックバレエ『ラ・シルフィード』は
、パリ・オペラ座のダンサーたちに愛されている作品」と説明。
さらに「『グラン・ガラ』としては3本。

『テーマとヴァリエーション』と、ミルピエ自身が私とエルヴェ・モローのために振りを付えてくれた作品『ダフニスとクロエ』。この作品で私自身もダンサーとして出演します。
そしてジェローム・ロビンス振付の『アザーダンス』です」と続け、
「ミルピエはよいエネルギーに満ち溢れた人で、彼を中心に行われるクリエイションも、
皆が微笑んですすんでいくような暖かなムードに溢れた現場でした。
ご覧になっていただくと、そのときの暖かな雰囲気が舞台からも溢れ出ているのではないかと思います。
素晴らしい作品なのでぜひ楽しみにしていただきたいです」とアピールした。

「『アザーダンス』は、少しクレイジーな部分もある素敵な人物(笑)ジェロームによる、
一見そうは見えないのですが技術的に非常に難しく、音楽的にも難度の高い作品。
『テーマとヴァリエーション』については、実は最近キューバに行った際に
アリシア・アロンソとお話する機会がありました。
彼女のためにこの作品が作られたとは知らなかったのですが、
たくさんの質問をしたので今回にも活かされると思います」と微笑んだ。

またオーレリ・デュポンは、2月22日と23日に東京・Bunkamura オーチャードホールにて
行われた東京バレエ団「ウィンター・ガラ」に出演。
自身が出演する演目「ボレロ」について
「この作品は私にとって一言で言えばプレゼント。これまでのダンスが変わってしまうような、
ピナ・バウシュの『春の祭典』を踊ったときと同じようなインパクトを
キャリアの中にもたらすダンスでした」と振り返る。
「最後の瞬間にはトランス状態と言っていいような自分の体のコントロールが効かない感覚に陥り、
それは体のコントロールを完璧にするはずのダンサーが、学んでいく仕事と逆の経験です。
この独特な感覚を味わうためにすべてのダンサーが一生に一度はこのボレロを踊って欲しいと願っています」とメッセージを送った。

東京バレエ団「ウィンター・ガラ」は2月25日に神奈川・神奈川県民ホールでも公演。
神奈川公演の「ボレロ」には、東京バレエ団プリンシパルの上野水香が出演する。
パリ・オペラ座バレエ団の公演は、「ラ・シルフィード」が3月2日から5日まで、
〈グラン・ガラ〉が3月9日から12日まで東京・東京文化会館にて行われる。


お近くの方はぜひチェックしてみて下さいませ♪
∴‥∵‥∴‥∵‥∴‥∴‥∵‥∴‥∵‥∴‥∴‥∵‥∴‥∵‥∴‥∴‥∵‥∴∴ ‥‥∵‥∴‥∴‥∵‥∴

2017.2.17
バレエで磨いたバランスと柔軟性 高梨W杯最多タイ53勝 努力家、抜群の集中力



「オーラがないんです」
 【平昌(韓国)須貝剛】「記録より、記憶に残る選手になりたい」。
かねてから抱くそんな思いも胸に、高梨沙羅選手(クラレ)は韓国・平昌の空を飛んだ。
16日に行われたノルディックスキー・ジャンプ女子のワールドカップ(W杯)で
歴代最多タイの通算53勝目。
身長152センチの小柄な女子ジャンパーが世界のジャンプ史と記憶に刻まれた。

最多勝利の達成に「とても自信になる」としながらも、
高梨選手の謙虚な受け答えは、この日も変わらない。ジャンプ台を離れれば、最近メークにも目覚め、
おっとりとした雰囲気の二十歳の女性。「会ってみると『普通だね』ってよく言われる。
オーラがないんです」と自虐的だ。


 8歳で初めて飛んだ。以来、浮力を感じることが「病みつきになった」。
ジャンプのことになると穏やかな人柄が一変する。ウオーミングアップから人を寄せ付けない雰囲気を漂わす。「集中すると、周りの声が聞こえなくなるんです」


★助走の空気抵抗、他選手の半分★

安定した飛躍は精密機械のようだ。「アンドロイドではないか」。
2014年ソチ五輪銀メダリストのダニエラ・イラシュコ選手(オーストリア)は高梨選手を、そう例えた。

 4歳で始めたバレエが役立った。ソチ五輪で全日本チームのトレーナーを務めた竹花智さん(53)
=札幌・アスリート治療院=は「バランス感覚、柔軟性はバレエで磨かれた」とみる。
高梨選手が通ったバレエ教室を主宰する旭川市の板谷敏枝さん(49)が思い出すのは、
群を抜く練習熱心さと集中力。
「バレエも天性のうまさがあったが、彼女の本当の姿は努力家なんです」

 高梨選手は助走姿勢が低い。全日本スキー連盟科学委員の山本敬三・北翔大教授によると、
助走時に高梨選手が受ける空気抵抗は、同年代の女子ジャンパーに比べると、
ピーク時の値は半分しかない。

 安定感の最大の秘密は「再現力」と指摘するのは、牧野講平トレーナー(37)=森永製菓=だ。
米大リーグの前田健太選手ら、自ら担当してきたトップ選手と比べても
「体が覚えた動きが崩れず、繰り返す能力がピカ一」とほれ込む。

(yahooニュースより)

高梨沙羅選手がバレエ経験者だとは知りませんでした。
姿勢の面でも役立っているのかもしれませんね!
これからの期待も高まります!!


∴‥∵‥∴‥∵‥∴‥∴‥∵‥∴‥∵‥∴‥∴‥∵‥∴‥∵‥∴‥∴‥∵‥∴∴ ‥‥∵‥∴‥∴‥∵‥∴

2017.2.12
国際バレエコンクールで日本の15歳女性が優勝


将来、ヨーロッパを舞台に活躍できる若手のバレエダンサーを見い出そうと、
芸術の街ウィーンで国際バレエコンクールが開かれ、
神奈川県出身の井関エレナさんがジュニアのペアの部門で優勝しました。

ヨーロッパバレエグランプリと名付けられたこのコンクールは今回が初めての開催で、
パリやベルリンのオペラ座に付属するバレエ学校の校長などを審査員に招いて行われました。

このうち、男女2人で演技するパドドゥのジュニア部門で、
神奈川県出身でベルリン国立バレエ学校に通う井関エレナさん(15)が、
同じ学校に通うブラジル出身の17歳の男子学生とペアを組んで優勝しました。
井関さんは「たくさん練習をして挑んだので、優勝できて本当にうれしい。
将来は海外のバレエ団で活躍したいので、自信につながります」と話していました。

7歳から26歳までを対象にした今回のコンクールは10以上の部門で行われ、
日本人では、井関さんをはじめ、神奈川県出身の渡辺美菜実さんら合わせて6人が入賞しました。
審査に当たった、パリにあるオペラ座のバレエ学校のエリザベート・プラテル校長は
「日本人の集中力は高く、レベルはどんどん上がっている。
新たな国際コンクールが増えれば増えるほど、才能が見いだされる可能性は高まる」と話しています。

(NHK NEWSより)

おめでとうございます!!今後がとても楽しみです♪
∴‥∵‥∴‥∵‥∴‥∴‥∵‥∴‥∵‥∴‥∴‥∵‥∴‥∵‥∴‥∴‥∵‥∴∴ ‥‥∵‥∴‥∴‥∵‥∴

2017.2.16
パリ・オペラ座「バレエ・リュス」が1日限りの特別上映


パリ・オペラ座「バレエ・リュス」が3月31日に
東京・TOHOシネマズ 日本橋と大阪・TOHOシネマズ 梅田にて上映される。

美術、ファッション、音楽などとの融合による新たなバレエを展開し、
今日のバレエ界に大きな影響を与えたバレエ・リュス。
その主宰者でロシア出身の芸術プロデューサー、
セルゲイ・ディアギレフの生誕145周年を記念して、1日限りの特別上映が行われる。
演目は、2009年にパリ・オペラ座で行われた「バレエ・リュス100周年記念公演」より、
「ばらの精」「牧神の午後」「三角帽子」「ペトルーシュカ」の4作品。
貴重な機会にぜひ参加してみては。


セルゲイ・ディアギレフ生誕145周年
特別上映 パリ・オペラ座 2009年公演「バレエ・リュス」

2017年3月31日(金)12:00〜、19:00〜
東京都 TOHOシネマズ 日本橋
大阪府 TOHOシネマズ 梅田

お近くの方はぜひご覧くださいませ。
∴‥∵‥∴‥∵‥∴‥∴‥∵‥∴‥∵‥∴‥∴‥∵‥∴‥∵‥∴‥∴‥∵‥∴∴ ‥‥∵‥∴‥∴‥∵‥∴

2017.2.12
国際バレエコンクールで日本の15歳女性が優勝


将来、ヨーロッパを舞台に活躍できる若手のバレエダンサーを見い出そうと、
芸術の街ウィーンで国際バレエコンクールが開かれ、
神奈川県出身の井関エレナさんがジュニアのペアの部門で優勝しました。

ヨーロッパバレエグランプリと名付けられたこのコンクールは今回が初めての開催で、
パリやベルリンのオペラ座に付属するバレエ学校の校長などを審査員に招いて行われました。

このうち、男女2人で演技するパドドゥのジュニア部門で、
神奈川県出身でベルリン国立バレエ学校に通う井関エレナさん(15)が、
同じ学校に通うブラジル出身の17歳の男子学生とペアを組んで優勝しました。
井関さんは「たくさん練習をして挑んだので、優勝できて本当にうれしい。
将来は海外のバレエ団で活躍したいので、自信につながります」と話していました。

7歳から26歳までを対象にした今回のコンクールは10以上の部門で行われ、
日本人では、井関さんをはじめ、神奈川県出身の渡辺美菜実さんら合わせて6人が入賞しました。
審査に当たった、パリにあるオペラ座のバレエ学校のエリザベート・プラテル校長は
「日本人の集中力は高く、レベルはどんどん上がっている。
新たな国際コンクールが増えれば増えるほど、才能が見いだされる可能性は高まる」と話しています。

(NHK NEWSより)

おめでとうございます!!今後がとても楽しみです♪
∴‥∵‥∴‥∵‥∴‥∴‥∵‥∴‥∵‥∴‥∴‥∵‥∴‥∵‥∴‥∴‥∵‥∴∴ ‥‥∵‥∴‥∴‥∵‥∴

2017.2.5
ローザンヌ国際バレエコンクール 日本人2人が入賞




世界の若手バレエダンサーの登竜門として知られる
「ローザンヌ国際バレエコンクール」の最終審査が4日、
スイスで行われ、愛媛県松山市出身の中尾太亮さんが3位に選ばれるなど、
日本人2人が入賞しました。
スイス西部のローザンヌで行われる「ローザンヌ国際バレエコンクール」は、
15歳から18歳までの若手のバレエダンサーが参加する大会で、
バレエダンサーの登竜門として知られています。

ことしは17か国から67人が参加して、日本人4人を含む20人が4日の最終審査に臨み、
古典のクラシカルと現代舞踊のコンテンポラリー部門でそれぞれ演技を披露しました。

このうち、愛媛県松山市出身で、ドイツのマンハイム音楽舞台芸術大学所属の中尾太亮さん(17)は、
クラシカル部門で「白鳥の湖」の一節を踊り、舞台いっぱいを使った伸びやかで華麗な演技で、日本人としては最高の3位に選ばれました。

また、埼玉県川口市の中学3年生、山元耕陽さん(15)は、「リーズの結婚」の一節に合わせ、
軽やかなステップでのびのびとした踊りを披露して、4位に入賞しました。

★日本人の入賞は12年連続★

ことしで45回目を迎える「ローザンヌ国際バレエコンクール」では、日本人が毎年高い評価を得ていて、
これまでに、1989年の熊川哲也さん、2012年の菅井円加さん、2014年の二山治雄さんと、
3人が優勝しており、日本人の入賞は12年連続です。

優勝を含む入賞者は、年齢に応じて世界各地の著名なバレエ学校に1年間、
無料で通うか、著名なバレエ団に1年間、
研修生として加わることができ、その間の生活を支援するため、日本円でおよそ180万円が贈られます。

◆3位の中尾さん「頭が真っ白に」
3位に入賞した中尾太亮さんはNHKのインタビューで、「信じられなくて、一瞬頭が真っ白になりました。
留学前にテレビで見ていたときは、夢の舞台というか、自分とは次元の違う世界だと思っていました。
そこで3位という考えられない賞を頂き、今はただうれしいです。
この夢のコンクールの入賞者という肩書に恥じないよう、
自分が目指すきれいなバレエダンサーになりたいです」と喜びを表していました。

◆4位の山元さん「びっくりしています」
4位に入賞した山元耕陽さんは「率直にうれしいです。この舞台で踊ることができて、さらに入賞なんて、
すごくびっくりしています。これをばねにして、将来は海外でも活躍できるバレエダンサーになりたいです」と話し、
入賞者に贈られる奨学金で1年間、ヨーロッパのバレエ学校で学んでみたいと、抱負を述べていました。

(NHK NEWSより)

本当におめでとうございます!!これからのご活躍が楽しみですね♪


∴‥∵‥∴‥∵‥∴‥∴‥∵‥∴‥∵‥∴‥∴‥∵‥∴‥∵‥∴‥∴‥∵‥∴∴ ‥‥∵‥∴‥∴‥∵‥∴

2017.2.4
ローザンヌバレエ、準決勝で日本から4人が選出 明日の決勝に臨む




ローザンヌ国際バレエコンクール2017の準決勝で2月3日、20人の決勝進出者が決まった。
日本からは、藤本結香(ゆいか)さん、山元耕陽(こうよう)さん、中尾太亮(たいすけ)さん、太田倫功(りく)さんの4人が選ばれ、明日の決勝に臨む。

 

  4人の中で一番若い藤本結香(ゆいか)さんは、山口市出身の15歳。決勝に残った喜びを「うれしいというより、びっくりしました」と語った。
 クラシックもきちんとしていたが、コンテンポラリーの「シンデレラストーリー」は、シンデレラが怒っている時やうんざりしている時の振りなど、個々の動きに感情がこもり、顔の表情も変化に富んだ素晴らしい踊りだった。
 実は日本で準備した時、個々の動きの意味を考えるようにと先生に言われ、ストーリーをノートに書き「自分のシンデレラストーリーを作った」という。「でも、ここでコーチに詳しく動きの意味を説明され少し訂正を入れました」
 明日は、楽しんで踊りたいという。


山元耕陽さん
 山元さんは、「アクリ・堀本バレエアカデミー」から出場した4人のダンサーの1人。決勝進出が決まり、「びっくりした。とにかくうれしい。支えたくれた両親に直ぐに知らせたいです」と話した後、「明日は、他の決勝に出場できないみんなの分までがんばりたいです」と続けた。
 クラシックでは、ポジションがきちんとした踊りで、観客からブラボーの声が飛んだ。


中尾太亮さん
 昨年ローザンヌバレエに出場したが、怪我で準決勝の舞台に立てなかった中尾さんは、「今年はきちんと衣装を着て舞台で踊れたので、まずそれが何よりもうれしかった。明日は、150%を出そうといった風に力を入れすぎないよう、普段の練習通りにやり最後まできちんと踊りたい」と話した。
  中尾さんのクラシックは、高いジャンプやピタリと決まったそれぞれのポジションが美しく、全体に優雅さが漂った。



 

太田倫功さん

 

 太田さんは、ドイツのジョン・クランコ・バレエ・スクールの3年生。今日の準決勝で、クラシックは高いジャンプときれいなポジションで完璧に決めた。コンテンポラリーのほうも、音に乗った動きがピタリと正確で、ジャンプも美しく、観客から歓声の声が沸いた。

 また、踊った直後に「今日はリラックスしてうまく踊れた」と話していた大田さんは、決勝進出が決まって、「本当にうれしいです。でも明日があるから油断はできない。今日のようにリラックスして楽しみたい」と結んだ。

 ところで、クラシックのコーチを担当するパトリック・アルマンさんは準決勝前、「今年の男子のレベルは全体に高く、とてもいい。日本の男子にも、いいダンサーが4、5人いる」と話していた。


(swissinfo.ch)より

∴‥∵‥∴‥∵‥∴‥∴‥∵‥∴‥∵‥∴‥∴‥∵‥∴‥∵‥∴‥∴‥∵‥∴∴ ‥‥∵‥∴‥∴‥∵‥∴


2017.1.28
ローザンヌ国際バレエコンクールの新ディレクター
もっとユニークな体験ができるコンクールを目指す

プロのバレエダンサーを目指す15歳から18歳のダンサーが、
今年も30日から登竜門の一つであるローザンヌ国際バレエコンクールに挑む。

これまでも自分の生徒をこのコンクールで受賞させ、その後世界で活躍する
一流のダンサーに育て上げたという実績を持つシェリー・パワー氏が、
昨年9月からローザンヌで国際バレエコンクールのディレクターに就任した。

芸術監督と最高経営責任者を兼任し、今年で45回目となるコンクールを初めて指揮する。
パワー氏は、ローザンヌ国際バレエコンクールを今後どのように発展させたいと思っているのだろうか?





プロを目指すダンサーに実践的な支援
パワー氏はこれまで12年間ヒューストン・バレエ・アカデミーのディレクターを務め、
近年ローザンヌのコンクールでは、クリスチャン・アムチャステギさん(2010年に1位)や
デリン・ワッタースさん(2011年に6位)といった受賞者を生み、世界で活躍する一流ダンサーを育ててきた。
 経営責任者の目から見ると、「ローザンヌ国際バレエコンクールは、高い評価基準で、
創設者ブランシュバイグ夫妻のビジョンである倫理的で実践的なレッスンを行い、
バレエ学校やカンパニーとのパートナーシップを保ち、ダンス界のコンクールをリードする存在」と位置付ける。

 近年は、こうしたコンクールを通過しなくても海外のバレエ学校に留学しやすくなり、
プロになる前に希望のバレエ団で直接オーディションを受けたり、
カンパニーの研修生となったりする人も増えている。ところが世界にはまだ、
そういったアクセスがなかったり、金銭的な問題から国際コンクールを受けるチャンスに
恵まれない才能ある人がいたりする。そこにパワー氏は目をつけているという。

 「事前選考プロセスを拡大し、コンクールを受ける機会のない地域にいるダンサーにも
チャンスを与え、より多くの学生ダンサーに繋がることを願っています」
 ローザンヌ国際バレエコンクールは、ダンスのスキルやテクニックを評価するだけではなく、
ダンサーの資質を特定し、プロの道へのアクセスを広げ、健康維持や学問的な教育を
促進するという使命があるが、新ディレクターとなったパワー氏は「それ以上のもの」に
取り組みたいと考えているという。そして、「もっとユニークな体験を提供したい」と明かす。

ユニークな体験
 その一つは、「世界のスターといわれる審査員や振付家の言葉をたくさん『浴びる』こと」。
今年は、ロイヤル・バレエ団の芸術監督ケビン・オハレ氏が審査員長となり、
ハンブルグ・バレエ団の芸術監督ジョン・ノイマイヤー氏によるコンテンポラリー・バリエーションの作品には、
ヨハン・シュテーグリッツ氏といった過去のローザンヌの受賞者の指導もコンクール期間中にある。

 「ダンサーを教育し、別のプロの世界の側面を公開し、より多くの経験を提供したいと考えています。
さらに、健康や教育のような重要なテーマについては、ダンサーと年間を通してコミュニケーションを
とれるようにしたいという思いもあります」
 加えて、「ローザンヌ国際バレエコンクール受賞者同士のネットワークを広げられるよう支援したい」と述べ、
情報や意見交換のためのプラットフォームも必要だとしている。
 パワー氏は、「ここでの経験があなたを変えるようなユニークな体験の場としたい」という。

プロのダンサーになるとは
 パワー氏によると、振付家と観客の好みに合わせたプロのダンサーになるためには、
「ダンサーは、例えばトゥシューズから素足へ素早くジャンルを変えて踊れるように体を鍛える必要がある」という。
テクニックは、「振付家は今日様々な技術を利用するため、ダンサーには体がそれによる変化に
素早く反応することが期待されている」と話す。
 また、ダンス界でも健康に対する意識が高まり、ダンサーの健康維持のための実践的な
教育を提言するパワー氏は、「ボディコンディショニング、そして、有酸素運動、ヨガ、ジャイロトニックといった
オルタナティブトレーニングで体を慎重に管理することは、長いキャリアにとって最重要」とも言う。

 生徒はまた、できるだけ多くの異なる学習法に触れる必要がある。
「時に、型にはまった学習のせいで、変化する環境に適応できずに苦労するダンサーがいます。
即興の演技などです。振付家って、作品を作るときにある程度の即興の動きを
取り入れたがったりするものなのです。そして、ダンサーがそこでおどおどすると、
その振付作品に選ばれないかもしれませんね」
 「自分の経験を広げ、時々今学んでいるスタジオから出て、世界で何が起こっているのかを学ぶ必要があります。
『より良い教育は、より良いダンサーを育てる!』ただ、それだけのことです」と語る。

(SWISSINFO.CHより)


∴‥∵‥∴‥∵‥∴‥∴‥∵‥∴‥∵‥∴‥∴‥∵‥∴‥∵‥∴‥∴‥∵‥∴∴ ‥‥∵‥∴‥∴‥∵‥∴

2017.1.21
プーマ(R)が自己表現の自由を称える ウィメンズトレーニングコレクション "スワンパック" を発表







ニューヨーク・シティ・バレエ団のバレリーナたちにフォーカス

グローバルスポーツブランドのプーマは、全ての女性たちが自分らしくあることを称える
“DO YOU”キャンペーンを今シーズンも継続するにあたり、
ニューヨーク・シティ・バレエ団のバレリーナたちにフォーカスを当てたプーマ スワンパック コレクション
を発表しました。自己表現の自由とバレエの持つ力強さと優美さこそが、
このスワンパック コレクションのインスピレーションです。
このコレクションはスポーツスタイルとトレーニングスタイルの融合で、
ブラックとホワイトを基調とするカラーパレット、玉虫色に輝く素材、
そしてフェザーをモチーフとしたパターンといったスワンにインスパイアされたディテールが施されています。

2016年8月より始まった“DO YOU”キャンペーンは、さまざまな分野で活躍する力強い女性たちが登場し、
それぞれが自らの勇敢さと自信についてのストーリーを語りかけます。
このキャンペーンは、全ての女性たちに自らの強さと
自分らしさを見失いよう自分に自信を持つことを積極的に後押しします。

スワンパックを発表するにあたり、ニューヨーク・シティ・バレエ団のミミ・ステイカーと
オリビア・ボワッソンがヒロインを務めます。ニューヨークのリンカーンセンターにある
ニューヨーク・シティ・バレエ団の本拠地ディヴィッド・H・コーク・シアターで撮影されたビジュアルには、
ステージ上とステージの外の両方でスワンパックを着用しているバレリーナたちが登場します。

「バレエはステージ上もそうでない時の両方の性格を作り上げます」とミミ・ステイカーは述べています。
「自分自身の中にインスピレーションを見出し、常に上達のための努力を惜しまず、
弱点に甘んじることはありません。弱点は決して欠点ではなく、チャレンジで乗り越えることなのです。」

オリビア・ボワッソンは続けます。「どんなことでも成功するためには、
自分自身に自信を持たなければなりません。他の誰もが同等のレベルの自信を与えてくれることはありません。
本当にベストを尽くせば、どんな分野であれあなたが一番になれるはずです。」

このように奮い立たせてくれる果敢な女性たちが身にまとうに相応しい、
素晴らしいストーリーにインスパイアされたファッションフォワードなパフォーマンスと
スポーツスタイルのプロダクト。

プーマ スワンパック コレクションは、2月1日(水)より
プーマストアオンライン、プーマストア及びプーマ取扱店の一部で発売予定だそうです。
スワンにインスパイアされてるのが素敵ですね♪♪



∴‥∵‥∴‥∵‥∴‥∴‥∵‥∴‥∵‥∴‥∴‥∵‥∴‥∵‥∴‥∴‥∵‥∴∴ ‥‥∵‥∴‥∴‥∵‥∴

2017.1.11
二山治雄さん パリ・オペラ座と短期契約

松本市出身のバレエダンサー二山治雄さん(20)が
1月中旬から約2カ月半、世界最高峰のパリ・オペラ座バレエ団と
契約を結ぶことが31日、分かった。同バレエ団で稽古と公演に臨む。



専門家は、オペラ座の舞台に日本人男性ダンサーが立つことは快挙とする。
2017年に飛躍へのステップを踏み出す。
バレエ解説者でスターダンサーズ・バレエ団(東京)総監督の小山(おやま)久美さん(54)によると、
フランスにはバレエ文化を発展させてきたという誇りがあり、オペラ座が象徴。
バレエ団は約350年の歴史があって格調が高く、外国人への門戸は狭い。

世界トップのダンサーが所属し、最高位のエトワール、マチアス・エイマンさんは、
二山さんが目標とする男性ダンサーだ。現在、日本出身の男性ダンサーはおらず、
女性は、世界的に権威があるブノワ賞を16年に受けたオニール八菜さんらがいる。

二山さんは16年7月、オペラ座バレエ団の外部入団試験を受け、男性部門で7位となった。
オペラ座の付属学校の学生にとっても難関とされ、合格者は内部試験を合わせて5人だった。
入団はかなわなかったが、オペラ座から16年12月上旬、短期契約の申し入れがあった。

二山さんは「試験を受けられたこと自体幸せで、申し入れに驚いた。緊張と不安でいっぱい」。
白鳥バレエ学園(長野市)で指導してきた塚田みほりさんは
「身長のハンディがあっても評価してもらった。本場のエキスを得てチャンスをつかんでほしい」と喜ぶ。

契約は1月16日〜3月29日の予定。バレエ団は厳格な階級制があり、
二山さんは5階級の初級「カドリーユ」に属する。
期間中は英国のシェークスピア原作の「真夏の夜の夢」の公演があり、
集団での出演が予想されるという。

二山さんは16年秋から米国の「ワシントン・バレエ(TWB)」の
スタジオ・カンパニーに所属している。
同年12月にはさいたま市内で開かれた国内のバレエ団の公演に客演で参加。
TWBが17年5月に催す公演で主要キャストを務める予定もある。

小山さんは今回の契約を快挙とし「二山さんの素晴らしさは正確なコントロールと
素直な人間性。自分を見失わずに成長してほしい」とエールを送る。

二山さんは「16年は濃い1年だったので、さらに濃い新年にしたい。
周りの協力や応援に感謝を忘れず、基本を大切に努力を重ねたい」と話した。

(信濃毎日新聞より)




∴‥∵‥∴‥∵‥∴‥∴‥∵‥∴‥∵‥∴‥∴‥∵‥∴‥∵‥∴‥∴‥∵‥∴∴ ‥‥∵‥∴‥∴‥∵‥∴

2016.12.21
パリ・オペラ座バレエ団の舞台裏を描き出したドキュメンタリー映画
『パリ・オペラ座 夢を継ぐ者たち』、2017年7月公開!

2016年1月に公開され話題となった映画『ロパートキナ 孤高の白鳥』のマレーネ・イヨネスコ監督の最新作、
『パリ・オペラ座 夢を継ぐ者たち』が2017年7月にBunkamuraル・シネマほかで公開されることに決定したとのことです。

マチュー・ガニオ、アニエス・ルテステュ、オニール八菜、ウリヤーナ・ロパートキナ…
『ロパートキナ 孤高の白鳥』のマレーネ・イヨネスコ監督が伝統を受け継ぐ者たちの努力と素顔を映し出すー。

『パリ・オペラ座 夢を継ぐ者たち』

2017年7月、Bunkamuraル・シネマほか全国ロードショー!




2016年1月にBunkamuraル・シネマにて公開し、スマッシュヒットを記録した
『ロパートキナ 孤高の白鳥』の記憶も新しいマレーネ・イヨネスコ監督の最新作。
バレエ映画をライフワークとしているイヨネスコ監督が今回焦点をあてたのは、
伝統を受け継ぐ者たちの姿。伝説のダンサーであり、
80年代に芸術監督を務めたルドルフ・ヌレエフは数々のスターを見出し、
レパートリーを一新してウィリアム・フォーサイスなど現代作品を積極的に採用、
又、後に<ヌレエフの子供たち>と呼ばれる若手の育成にも心血を注いだ。
現在、後進の指導にあたるアニエス・ルテステュは彼の薫陶を受けた世代にあたる。
作品内では、不動の人気を誇るエトワール、マチュー・ガニオのダンサーという職業における本音や、
新作に取り組む様子、彼がマリインスキー劇場で披露した「ジゼル」、
ウリヤーナ・ロパートキナのリハーサル模様なども登場する。
全編を通して古典からコンテンポラリーまで多数の演目が登場するが、
中でも強く印象を残すのはヌレエフの遺作となった『ラ・バヤデール』にて、
アニエス・ルテステュがエトワールのアマンディーヌ・アルビッソンや
プルミエール・ダンスーズのオニール八菜へ指導する師としての姿、
そしてそれを見つめるオペラ座バレエ学校の子供たちの羨望の眼差し。
ヌレエフ世代から現役トップダンサーたち、そして未来のエトワールたちへ伝統は受け継がれてゆく。
最古にして今も最高峰と評され歴史を作り続けるパリ・オペラ座の舞台裏、
圧倒的な芸術美と伝統の継承に迫る、感動のドキュメンタリー。

【登場する演目】「ジゼル」「夢の伝説」「ジェニュス」「パキータ」「pas/parts」
(ウィリアム・フォーサイス振付)「かぐや姫」「ラ・バヤデール」等
監督:マレーネ・イヨネスコ(『ロパートキナ 孤高の白鳥』『至高のエトワール〜パリ・オペラ座に生きて〜』)
出演:マチュー・ガニオ/アニエス・ルテステュ/ウリヤーナ・ロパートキナ/オニール八菜/バンジャマン・ペッシュ/ウィリアム・フォーサイス
アマンディーヌ・アルビッソン/ジョシュア・オファルト/エリザベット・プラテル/バンジャマン・ミルピエ/ジャン=ギョーム・バール/
ローラン・イレール/ジェレミー・ベランガール/ステファン・ビュリヨン/ギレーヌ・テスマー

配給:ショウゲート


これは楽しみですね!

公式サイトはこちら




∴‥∵‥∴‥∵‥∴‥∴‥∵‥∴‥∵‥∴‥∴‥∵‥∴‥∵‥∴‥∴‥∵‥∴∴ ‥‥∵‥∴‥∴‥∵‥∴

2016.12.03
フィンランド国立バレエ団
『たのしいムーミン一家 〜ムーミンと魔法使いの帽子〜』、
2017年4月22日、Bunkamuraオーチャードホールにて世界初演!

フィンランド国立バレエ団が、2015年にムーミンの原作者である
トーベ・ヤンソンの生誕100周年を記念し『ムーミン谷の彗星』を
上演したことが話題になりましたが、ムーミン・バレエ第2作
『たのしいムーミン一家 〜ムーミンと魔法使いの帽子〜』を制作、
2017年4月22日、Bunkamuraオーチャードホールにて
世界初演することが決定したそうです。

今春、フィンランド国立バレエが世界中から
注目を集める話題の新作を携え来日する。
バレエ作品の題材はなんと…ムーミン!
フィンランドの国民的キャラクターといっても過言でないムーミンが、
北欧を代表する一流バレエ団、
フィンランド国立バレエ団によってバレエ化されるのだ。
フィンランド国立バレエ団は、高いレベルを誇る北欧バレエ界を
リードするクラシックのバレエ団。500人以上の専属スタッフを擁する
オペラハウスでは、年間を通してバレエやオペラの公演が毎日行われている。
バレエ団の芸術監督を務めるのはケネス・グレーヴ。
パリ・オペラ座バレエ、アメリカン・バレエ・シアターなど世界中で活躍した彼が
2008年から率いるこのバレエ団には世界21か国より優秀なダンサーが集まっており、
古典バレエから現代バレエの巨匠の作品まで輝かしいレパートリーを有する。
そんな由緒正しいバレエ団が2015年、ムーミンの原作者である
トーベ・ヤンソンの生誕100周年を記念してバレエ『ムーミン谷の彗星』を上演。
トウシューズでつま先立ちするムーミンや軽快に踊るミイやスニフに話題騒然、
連日即完売となった。
今回の日本公演にあたり上演されるのはムーミン・バレエ第2作
『たのしいムーミン一家 〜ムーミンと魔法使いの帽子〜』。
ムーミンがある日拾ったシルクハット。
しかしその帽子はあらゆる物の姿を変身させてしまう力を持つ不思議な帽子で…。
トーベ・ヤンソン原作の
ムーミン・シリーズ第3作目「たのしいムーミン一家」を題材にしたストーリー。

◆曲目・演目

●バレエ『たのしいムーミン一家 〜ムーミンと魔法使いの帽子〜』
  *世界初演

振付:ケネス・グレーヴ
音楽:トゥオマス・カンテリネン
出演:フィンランド国立バレエ団

●『北欧バレエ・ガラ』

出演:フィンランド国立バレエ団

『白鳥の湖』第3幕より
“オディールと王子のパ・ド・ドゥ”
“スペインの踊り” “ハンガリーの踊り” “ロシアの踊り”
振付:ケネス・グレーヴ(レフ・イワノフ/マリウス・プティパ版に基づく)
音楽:ピョートル・イリイチ・チャイコフスキー

『レンミンカイネン組曲』より“トゥオネラの白鳥”
振付:イムレ・エック
音楽:ジャン・シベリウス

『シェヘラザード』よりグラン・パ・ド・ドゥ
振付:ケネス・グレーヴ
音楽:ニコライ・リムスキー=コルサコフ

バレエ『悲愴』より
振付:ヨルマ・ウオティネン
音楽:ピョートル・イリイチ・チャイコフスキー

『ドン・キホーテ』第3幕より
“ファンタンゴ”“グラン・パ・ド・ドゥ”
振付:パトリス・バール、ホセ・デ・ウダエータ(ファンタンゴ)
音楽:レオン・ミンクス

◆公演日程

2017/4/22(土)〜25(火)

4/22(土) 12:00開演 / 16:30開演
4/23(日) 12:00開演 / 16:30開演
4/24(月) 19:00開演
4/25(火) 13:00開演

◆料金

S席・¥9,000 A席・¥7,000 B席・¥5,000 こどもS席・¥4,500 (税込)

※こどもS席は限定数、Bunkamuraチケットセンターのみでのお取扱い。
オンラインチケットMY Bunkamuraでの販売はございません。
※こどもS席は4歳以上小学生以下、S席(¥9000)と同時購入の場合のみ対象となります。
※ご入場時に年齢の確認をさせて頂く場合もございます。予めご了承ください。
※4歳未満のお子様はご入場いただけません。

MY Bunkamura先行販売

2016/12/11(日)
先着制

一般発売
2016/12/18(日)

フィンランド国立バレエ団の初来日公演、
しかも演目はムーミン・バレエ、そして『北欧バレエ・ガラ』です。
これは観ないわけにはいかないですね!

ちなみにムーミン・バレエ第1作『ムーミン谷の彗星』の予告編映像はこちらです。


いまからものすごく楽しみな公演ですね。


∴‥∵‥∴‥∵‥∴‥∴‥∵‥∴‥∵‥∴‥∴‥∵‥∴‥∵‥∴‥∴‥∵‥∴∴ ‥‥∵‥∴‥∴‥∵‥∴

2016.11.22
ウィーン国立バレエ団『白鳥の湖』予告編映像



ウィーン国立バレエ団が、2017年5月12日から上演する
『白鳥の湖』の予告編映像を公開していますね。

映像の美しさと音楽のせいか、他のカンパニーの『白鳥の湖』よりも劇的に感じてしまいますね♪
ウィーン国立バレエ団の作品はもっとDVD等で発売してもらえると嬉しいなと思います。

ぜひご覧くださいませ♪


∴‥∵‥∴‥∵‥∴‥∴‥∵‥∴‥∵‥∴‥∴‥∵‥∴‥∵‥∴‥∴‥∵‥∴∴ ‥‥∵‥∴‥∴‥∵‥∴

2016.11.16
牧阿佐美バレヱ団の光永百花さんにインタビュー!




テラスハウスをはじめTVなどでも活躍中!
現在、牧阿佐美バレヱ団にてプロのダンサーとして活躍している
光永百花さんの撮影メイキング&インタビュー動画を公開しました!

DDのモデルも務めて頂いている光永さんは
踊っている時はもちろん普段もとっても素敵な方です♪

ぜひご覧くださいませ★



∴‥∵‥∴‥∵‥∴‥∴‥∵‥∴‥∵‥∴‥∴‥∵‥∴‥∵‥∴‥∴‥∵‥∴∴ ‥‥∵‥∴‥∴‥∵‥∴


2016.11.10
「ルグリ・ガラ 〜運命のバレエダンサー〜」2017年8月22日〜25日に上演!


ルグリ・ガラ 〜運命のバレエダンサー〜」という公演が、
2017年8月22日〜25日に、東京文化会館で上演されます。

元パリ・オペラ座バレエ団の伝説的エトワール、マニュエル・ルグリは、
パリ・オペラ座にアデューを告げた今も尚、
ダンサーとして、芸術監督として、そして振付家として、
ファンを魅了し続けています。
ルグリだからこそ知るフランスバレエのエレガンスと、
イギリス(英国ロイヤル・バレエ団)
、 ロシア(ボリショイ・バレエ)、オーストリア(ウィーン国立バレエ団)の
トップダンサーたちの超絶技巧が紡ぎだす、
至極のバレエガラを是非お見逃しなく。

出演:
マニュエル・ルグリ (ウィーン国立バレエ団 芸術監督 / 元パリ・オペラ座バレエ団 エトワール)
イザベル・ゲラン (元パリ・オペラ座バレエ団 エトワール)
マリアネラ・ヌニェス (英国ロイヤル・バレエ団 プリンシパル)
ワディム・ムンタギロフ (英国ロイヤル・バレエ団 プリンシパル)
オルガ・スミルノワ (ボリショイ・バレエ プリンシパル)
セミョーン・チュージン (ボリショイ・バレエ プリンシパル)

エレナ・マルティン
パトリック・ド・バナ

ニーナ・ポラコワ (ウィーン国立バレエ団 プリンシパル)
デニス・チェレヴィチコ (ウィーン国立バレエ団 プリンシパル)
ダヴィデ・ダト (ウィーン国立バレエ団 プリンシパル)
ナターシャ・マイヤー (ウィーン国立バレエ団)
ニーナ・トノリ (ウィーン国立バレエ団)
ニキーシャ・フォゴ (ウィーン国立バレエ団)
ヤコブ・フェイフェルリック (ウィーン国立バレエ団)
ジェームズ・ステファン (ウィーン国立バレエ団)


チケットの先行販売情報はこちらのサイトでメール登録が必要とのことです。
素晴らしく豪華な出演者ばかりなのでいまから非常に楽しみですね。



ルグリ・ガラ 〜運命のバレエダンサー〜 <オフィシャルサイト> | フジテレビ



∴‥∵‥∴‥∵‥∴‥∴‥∵‥∴‥∵‥∴‥∴‥∵‥∴‥∵‥∴‥∴‥∵‥∴∴ ‥‥∵‥∴‥∴‥∵‥∴

2016.10.28

ご注文ありがとうございます

★送料全国一律550円★
★ラスト一枚か二枚お早めに!!★

★フロッキーチュール・オープンバックハイネックレオトップ /ブラック★
★スパッツ付きスカート グロスローズ(M)★




店舗情報
休日・営業時間について
ご注文は24時間365日お受けしておりますが、下記の休日及び営業時間外のご注文・お問い合わせ等については、翌営業日に順次対応させていただきます。

■営業時間
平日 11:00〜20:00
土・日・祝日 11:00〜19:00
休みは不定休の為お店にご連絡ください。

個人情報の保護について
当店では、インターネット通販を通じて知り得たお客様の大切な個人情報は、商品のお届け及び当店からのご連絡のみに使用致します。お客様に無断で第三者に漏洩・譲渡することは絶対にございませんので、安心してご利用くださいませ。
ご注文の際にご入力いただくクレジットカード番号は、SSLによって保護されております。
ショップ情報
株式会社ドゥッシュドゥッスゥ
〒107-0061 東京都港区北青山2-7-18
第一真砂ビル2F
店舗 TEL03-5770-7393 FAX03-5770-7393
ネットTEL03-5414-3513 FAX03-5414-3523
店舗運営責任者:小山 剛司
e-mail:shop@dessus-d.com
返品・交換について
返品をご希望の際は、商品到着から1週間以内にメールにてご連絡下さい。
万が一、不良品や欠陥が見つかりましたら、送料弊社負担にて、良品とお取替えさせていただきます。
お客様のブラウザ環境により実物とのお色の見え方が多少異なる場合がございます。
予めご了承下さい。尚、この場合のご返品、ご交換の希望は良品返品・交換扱いとさせて頂きます。
良品の返品の場合、送料はお客様負担にてお願い致します。(弊社よりお送りした送料550円も負担になります。) 尚、返品到着後1週間以内に返金させていただきます。≫詳しくはこちらをご確認ください

※当店では実店舗と在庫を共有しております。そのため、恐れ入りますがご注文のタイミング、商品数などによりましては実店舗の在庫を上回り、在庫切れとなる場合がございます。
お支払い方法について
クレジットカード情報

■お支払い方法は、クレジットカード・銀行振込・郵便振替・代金引換、コンビニ決済のいずれかよりお選びいただけます。
■代引・コンビニ手数料は、全国一律250円です。
お届けについて
ヤマト運輸 佐川急便
■クロネコヤマト宅急便、または
佐川急便でお届けします。
■送料は、全国一律550円です。
Copyright c 2017 DessusDessous All Rights Reserved